販売時に地盤の情報がないとき

注文住宅を建てようと土地を探すとき、いい立地で十分な面積があるかなどを確認するでしょう。それらの条件が合致して更に予算に収まっているなら購入してしまうかもしれません。このときもし売り手から地盤の情報が提供されないのであれば念のため地盤調査をした方がいいかも知れません。最近大きな地震や水害などが起きていなければ大きな問題が出ていないかもしれませんが、将来的に起きたときに問題が出てしまう可能性があります。地盤調査をしておけば建てたい建物に対して十分な強度があるのか、強度が不十分なときにどんな改良をすればいいのかがわかり長く安心して住める住宅を建てられるようになります。コストはかかりますが掛けて損のない費用になるでしょう。

過去の土地の用途に不安があるとき

元々住宅があった土地が更地で売り出されているとき、立地などの条件が合うなら購入を検討するかもしれません。元々住宅があったなら特に地盤の調査をしなくても建てられる時もありますが、不安を感じるのであれば行うようにしましょう。その土地が宅地開発される前にどんな状況だったかを調べられますが、川や池などその他水田として使われていたとしたらあまり水はけがよい土地と言えません。昔は水田であっても長く宅地として利用されていればそのまま使えるときもあります。地盤調査をすれば改良が必要かどうかがわかり建ててからの心配を減らせるでしょう。もちろん地盤調査の結果問題がなければ改良はしなくて済むので、無駄に地盤改良の費用をかけずに済ませられるメリットもあります。